いつまでも仲良し夫婦でいるためのコツとは?私たち夫婦のルールをご紹介します♪

Shoko
こんにちは!婚活カウンセラーのShoko(@orchid_marriage)です。

ごうちゃん
夫のごうちゃんです。当サイトをご覧いただきありがとうございます。

せっかく好きな相手と結婚するのですから、いつまでも仲の良い夫婦でいたいですよね。

SNS、ネット、書籍、テレビでは「仲の良い夫婦の秘訣とは?」というテーマで様々な意見が出ていますよね。

 

今回は私たち夫婦のいつまでも仲良くいられるためにやっていることをご紹介していきたいと思います。

 

私たち夫婦は以下のルールを決めています。

  1. 5分で仲直りすること
  2. 相手を思いやること
  3. 休日は一緒に散歩をする

 

結婚してから改めて実感しますが、夫婦は最初から完成されているわけではありません。

 

婚活では最初から完璧な相手を目指して活動する人は多いですが、結婚して一緒に過ごしていくことでお互い成長して完成していくものだと思います。

 

1.Shoko&ごうちゃん夫婦の仲良し夫婦でいるための3つのルール

①”5分で”仲直りすること

仲直り

1つ目は「ケンカしたら”5分”で仲直りすること」です。

 

ケンカや言い合いは必ずその日のうち、5分以内に仲直りすることが大事。

 

Shoko
前日の「いざこざ」を翌日に持ち越さない!

 

長引けば長引くほど、仲直りする難易度がどんどん上がっていきますし、気まずい期間を無駄に過ごさなければなりませんからね。

 

「仲のいい夫婦はケンカしないのでは?」とありますが、私たち夫婦としては、逆にケンカや言い合いを全くしない夫婦は本当に仲がいいのか疑問です。

 

それは、全く生まれも育ちも違う他人同士が一緒になるわけですから、考え方や生活習慣の違いにストレスを感じたり、衝突するのは当然のことだと思うからです。

 

「全くケンカをしない=どちらかが我慢している? or 諦めて何も言わないだけ?」

という気がします。

 

常にケンカや言い合いばかりすることは考えものですが、自分の本音を相手にきちんと伝えることができないのは夫婦として窮屈な感じですよね。

 

Shoko
私たちもぶつかるときは、”とことん”ぶつかりますよ!そのあとは、きちんと仲直りしますけどね(笑)

 

2人の意見の食い違いや衝突は、お互いの関係をアップデートするために必要なことです。

 

1つ1つのケンカや言い合いに対してきちんと向き合い、話し合って、仲直りして乗り越えていくことで、ケンカや言い合いは減っていき、「仲のいい夫婦」ができていくんじゃないかと思います。

 

②相手を思いやること

キッチンに立つカップル 仲良し

2つめは「相手を思いやること」です。

 

結婚して一緒になるのですから、相手を思いやる気持ちを持つことはとても大事!

 

「相手を思いやるって具体的にはどうするの?」と思いますよね。

 

私たち夫婦の場合はこんな感じです。

  • 出したものは、次に使う人のことを考えてきちんと元の場所に戻す
  • 脱いだ物は、洗濯する人のことを考えてきちんと洗濯ものカゴに入れておく
  • 帰りが遅くなる時は、待っている人のことを考えてきちんと事前に連絡をする
  • 相手から注意されたときは、注意してくれた相手の気持ちを考えて素直に聞いて次は繰り返さないようにする

 

人によっては当たり前と感じることかもしれません。

 

でも、これらの一つ一つがすべて「相手への思いやり」に繋がります。

 

「『好き』だと思って結婚するのだから思いやるのは当然なんじゃ?」と思うかもしれません。

 

しかしお互い長く一緒にいると「これくらいはいいかな」という甘えがどうしても出てきやすくなります。

 

ごうちゃん
結婚して一緒になるからこそ「親しき中にも礼儀あり」という気持ちを大切にすべき!

 

 

そのため、私たち夫婦の間では敢えて「相手に思いやりを持つこと」を夫婦のルールとしています。

 

Shoko
正直言って、お互い思いやる気持ちがないと、結婚生活は成り立ちません!

③時間があれば一緒に散歩をすること

仲良く散歩するカップル

私たちは休日よく散歩をします。休日だけでなく、平日も時間があればできるだけ散歩をするようにしています。

 

公園や街中色々なところに出かけます。観光でなくても、ひたすら歩きます。

 

食べ歩きをしたり、気になるお店に入ったり・・・買い物をしなくても一緒に歩きます。

 

散歩中は職場や家での出来事、実家の家族のこと、今やりたいこと、次の休日に行きたいところ、なんでも話します。

 

Shoko
何気ない会話の中で相手が何を考えているのか、過去どんなことをしてきたのかという真面目な話から、子供のころの恥ずかしい話まで普段家の中や忙しい日常では話さないような会話も出てきますよ(笑)

 

 

また特に話題が無くても、キレイな景色や、おいしそうなレストラン、可愛い犬、面白そうな物を売っているお店、目に入ったものを共有することで自然と話題になります。

 

ごうちゃん
家の中では面と向かって話せないようなことも、歩きながらだと自然と話せるんですよね。

Shoko
私たち夫婦は両方よくしゃべる性格ですが、散歩をしていると自然と会話が生まれるので無口なカップルにもおすすめですよ♪

 

行きたいところがなくても、近所の公園や商店街、河川敷など目的地はどこでも大丈夫です。

 

何気ない近所の見慣れた風景でも、二人で歩くと全く違う感じになりますよ。

 

家の中には、スマホやテレビ、パソコン、読みかけの本、やりかけの仕事、撮りためた録画番組、部屋の片づけ、掃除、買い物、など、気になるものに溢れています。

 

何気なく家で過ごしているとついつい手を伸ばしてしまい2人の会話が少なくなってしまいます。

 

しかし、一度散歩に出てしまえば、それらから離れることができるので、今流行りの「スマホ断ち・デジタル断ち※(デジタルデトックス)」もできちゃいます♪

 

適度な運動にもなるので運動不足なカップルには一石二鳥、三鳥にもなりますよ(笑)

スマホ断ち・デジタル断ち(デジタルデトックス)とは?

一定時間スマホやPCなどのデジタル機器(デバイス)から距離を置いて、現実世界でのコミュニケーションや自然とのふれあいなどを楽しむこと。

スマートフォンやパソコンなどで、SNSやゲーム、動画サイトなどを見ると脳が甲府運状態になります。それが長時間になると脳が疲れてしまい、勉強や家事・仕事への集中力の低下、不眠・うつなどの心身状態の悪化を招いてしまう場合があります。

 

ごうちゃん
私たち夫婦は時間があるときは10kmくらい2人で歩いちゃいますね。この散歩のおかげで夜はグッスリ眠れるし、僕自身体重が5kgも痩せちゃいました(笑)

 

2.まとめ

このように、私たち夫婦のいつまでも仲良く結婚生活を過ごすために決めたルールをご紹介してきました。

 

ルールを決めすぎると窮屈な思いをしますが、最低限の約束事はしておくべきだと思います。

 

先ほどもお伝えしましたが、いくら結婚しているとはいえ、お互い生まれも育ちも違う他人同士なのですから。

 

お互いぶつかり合い、寄り添い合って、だんだん夫婦になっていくと思うんですよね。

 

「結婚」はあくまで「夫婦の入口」であり、結婚生活を経て「本当の夫婦」となっていくんだなと感じています。

 

Shoko
婚活では「結婚=ゴール」というイメージですが、結婚は長い夫婦生活のスタート!

 

そのため、生涯のパートナーとなる結婚相手には、きちんと話し合いができて、自分が素直でいられるパートナーのような相手を見つけることをおすすめします。

 

 

あなたの婚活を誰よりも応援しています

 

Shoko & ごうちゃん

 

私たちは夫婦は結婚相談所に入会して結婚しました!

私たち夫婦も結婚相談所を利用して出会い、たった2カ月で結婚しました!成功の秘訣は「自分に合った結婚相談所」を見つけたこと

しかし、結婚相談所は大小合わせて全国で4000社以上存在し、その中から自分にとってベストな相談所を探すのは大変ですよね。

Shoko
こちらでは、私たち夫婦のおすすめする結婚相談所を目的別で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください♪

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事