結婚相談所で真剣交際が終了になる3つの理由(条件・性格・恋愛感情)
スポンサーリンク

「結婚相談所」でも「成婚」できる人と出来ない人がいます。その殆どが『真剣交際』の段階で上手く行かなくなる事が原因です。

 

では何故『真剣交際』が上手く行かなくなるのでしょうか?

 

今回は、『真剣交際』が終わってしまう良くある理由について紹介致します。

スポンサーリンク

真剣交際

カップリング

まず『真剣交際』に至った場合、ある一定の条件や外見はお互いクリアしていると思って良いです。

 

「結婚相談所」で出会っている訳ですから、結婚の意思やタイミングもある程度一致しているでしょう。

 

後は『成婚』に向けて順調に進めて行けば良いと思われるかもしれません。

 

ですが『真剣交際』で1番危険な事は「思っていたのと違った」と言う事です。男女共に、特に未婚の場合は相手に対する理想も勿論ですが、『結婚』に対する理想がかなり高い事があります。

 

しかも「結婚相談所」にお金を払って登録しているのですから、それ相応の見返りを求めてしまいますよね。

 

そのせいで余計に理想が高くなっていて、少しの事でも気になってダメになってしまうのです。

 

ですが、この「少しの事」を許せるかどうかが『結婚』できるかどうかに繋がって行きます。

 

今回は、その「少しの事」を作り上げて行く要因を更に詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

条件の不一致

仲良しカップル

『成婚』に至らない理由の1つ目は『条件の不一致』です。

 

「結婚相談所」で出会っているにも関わらず『条件の不一致』ってあるの?!と思われるかもしれません。

 

具体的に結婚について話しが進んで行くと、プロフィールや釣書に載っていない事から、載っていても良く見せる為に少し大袈裟にアピールしていた所が目につくようになります。

 

「一定の条件」をクリアしていたから『真剣交際』には進めたかもしれません。

 

ですが、子どもが出来たら仕事を辞めるのかや、住む場所や将来的な同居の話しなど、結婚後のビジョンがドンドン具体的になってくる事で、細かい『条件の不一致』が出てくるのです。

 

しかし、その『条件の不一致』は、殆どの場合は話し合いで解決できます。

 

一方の意見だけを押し付けるのではなく、お互いの意見をすり合わせて決めて行けば良いのです。

 

ですが、その「すり合わせ」をしないが為に、この人とは条件が合わなかったと言ってバッサリ切る事になるのです。

 

引く手数多の人ならそれでも構いません。モテモテの人なら良いのです。

 

ですが、そうでないなら多少の『条件の不一致』に関しては一度話し合って行きましょう。

 

自分だって完璧ではないのに、相手に完璧を求めてはいけません。

 

勿論、これだけは譲れない!と言う物まで妥協する必要はありません。

 

貴方にとっての最重要となる「条件」だけハッキリさせておけば、それで充分なのです。

スポンサーリンク

性格の不一致

交際中のカップルがハートを手で作っている

『成婚』に至らない理由の2つ目は『性格の不一致』です。これは「仮交際」の期間に見極める事は非常に難しいでしょう。

 

『真剣交際』の期間に徐々に明らかになってくるか、結婚後にしか分からない事もあるでしょう。

 

『性格の不一致』とはいわゆる「価値観の違い」です。

 

異性と2人で食事に行くのは良いのか?と言った問題から、人の冷蔵庫の中身を黙って食べて良いのか、連絡の頻度は多くないのか、などなど…先程の条件と同じく、どちらか一方がどちらかに合わせて我慢すると言うことが無いようにして下さい。

 

趣味が合わないとか、インドア派かアウトドア派なのかと言うような問題に関しても、趣味の時間はお互いバラバラで過ごしたり、アウトドアは友達と行ってもらって、2人の時は家でゆっくりすると決めたり、月に1度は2人で出かける日を作ると約束したり、歩み寄りを行って行きましょう。

 

ここでも『性格の不一致』でバッサリ切らないようにしましょう。

 

ここで1番大切な事は「相手の嫌がる事をしない」という事です。

 

自分の嫌な事をしないのは勿論ですが、自分は良くても「相手の嫌がる事」をしないようにするのです。

 

自分の好きな事が、相手の嫌な事だった場合には、お別れを選んでも仕方のない事です。

 

ですが、基本的には「相手の嫌がる傷つく事」は止めて行きましょう。

 

相手と自分のどちらが大切なのかで、それも変わってくるでしょう。

 

自分自身を大切にする事が悪い訳ではありません。ですが『結婚』は、自分より大切に思える人と一緒になれると幸せになれます。

 

結局は「自由に自分の思い通りにしたい」気持ちが強い人は、パートナーと生きて行くよりも、1人で生きて行く方が合っているのです。

 

『真剣交際』を『性格の不一致』で終わらせてしまうカップルは、思いやりが足りていません。

 

自分に足りていない場合は改善できます。

 

しかし相手に足りていない場合は、そんな相手と続けていくのか、大切にしてくれる人を探すのかをキチンと考えて行きましょう。

 

話し合ってもダメな場合は、「価値観が違う」のではなく「思いやりが足りない」のだと、根本を見て判断して行きましょう。

 

『性格の不一致』は話し合いが出来るかどうかで、続けて行けるのか終了してしまうのかが変わってくるのです。

恋愛感情が湧かない

ウェディングドレスをきた女性

最後に『成婚』に至らない理由の3つ目ですが『恋愛感情が湧かない』です。ビックリするかもしれませんね。

 

「結婚相談所」と言うと「恋愛」しないで『結婚』すると言うイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、現実には「結婚相談所」で『結婚』できる人たちは、相手に『恋愛感情』を持っているのです。

 

どれだけ条件が良くても、見た目が良くても、『恋愛感情が湧かない』相手とは「結婚相談所」でも『成婚』に至りません。

 

ハッキリ言って『恋愛感情』さえあれば多少の条件の不一致は目をつぶる人が多いです。『

 

真剣交際終了』の理由で圧倒的に多いのが「良い人なんだけど…」「悪くないんだけど今一つ…」と言う文言です。

 

これはオブラートに包んでいるだけで、本当の理由は『恋愛感情が湧かない』です、と言っているのです。

 

こればかりは仕方ないです。恋愛カウンセラーでも結婚アドバイザーでも、どうしようもありません。

 

しかし、もし貴方がお断りする立場だった場合には少し立ち止まって下さい。

「ドキドキ」を「恋愛」と思ってはいませんか?

 

もし相手に「安心感」や「穏やかで一緒にいると気が楽」と言う気持ちを持っているのであれば、それも「恋愛」です。「ドキドキ」させる刺激をくれる人との恋愛ばかりが「恋」ではありません。

 

穏やかで安心感をくれる人との恋愛も「恋」なのです。

 

また逆に貴方も相手にとって、そう言う存在になれるよう努力しましょう。

 

「恋愛」とは相手にどれだけ「一緒にいたい」と思ってもらえるかです。

 

相手にとって、癒しで穏やかな帰る場所になる事も『真剣交際』から『成婚』に至る為の『恋愛感情』を抱かせるポイントになるのです。

 

そして『恋愛感情』さえ湧いてしまえば「結婚相談所」ほど『結婚』への道のりが早い場所は他にありません。

 

是非、『恋愛感情』を意識して婚活を進めて行って下さい。

まとめ

真剣交際終了のまとめ

・真剣交際→「少しの事」を許すことに「結婚」ができるかどうかが決まってくる
・条件の不一致→全部の条件を満たすことはできない。必ず話し合ってお互いで解決することで防げる
・性格の不一致→話し合いが対等にできるのかで決まる。
・恋愛感情が湧かない→「恋愛感情」が湧いてしまえば、結婚相談所でスピード婚は十分にある。

完璧な理想の王子様は世の中にはいません。

 

百歩譲っていたとしても、貴方を好きになってくれるか分かりませんし、結婚してくれないかもしれません。

 

世の中のステキな男性は奥様の内助の功でステキになったのです。理想の王子様は貴方が作っていくのです。

 

完璧を求めるのではなく、一緒に成長して行く事を選んで行きましょう。

 

そうする事で貴方は確実に幸せになれるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事