結婚相手はどうやって決めるの?私たち夫婦の結婚の決め手となったエピソードをご紹介します!

Shoko
こんにちは!婚活カウンセラーのShoko(@orchid_marriage)です。

ごうちゃん
夫のごうちゃんです。当サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

婚活をしていて「いい人だな」と思っても「結婚する」となると、何を決め手にしていいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

 

中には、なかなか決断できずそのままズルズル交際を続けてしまう方もおられるでしょう。

 

今回は、私たち夫婦の「結婚の決め手」と「決め手となったエピソード」を実体験をもとにお伝えしていきます。

 

私たち夫婦は婚活で出会い、出会ってからたった2ヵ月で結婚を決めました。

 

「そんな短い期間で相手を決めても大丈夫なの?」

「勢いは大事と言うけど、もっとじっくり相手を見極めるべきでは?」

「スピード婚後の結婚生活はどうなの?」

 

と思われるかもしれません。

 

しかし私たちとしては、結婚後の生活の方が2人一緒に濃い時間を過ごせるので、中途半端な交際期間は無くてむしろ良かったなと思っています。

 

Shoko
もちろん、結婚して2年が経ちますが今でも幸せな結婚生活を送っていますよ(笑)

 

交際期間をほとんど設定せず、すぐに結婚をしたのには、お互い「決め手」があったからです。

 

今回はそんな私たちの経験をシェアしていきますね

 

皆さんの婚活の参考にして頂けたら幸いです。

 

1.私(Shoko)が今の夫である「ごうちゃん」を選んだ決め手

ハグをするカップル

①出会った時の第一印象

Shoko
夫の第一印象は「優しそうな人だな」という印象でしたね

 

プロフィール写真が”いかつそう”な顔だったので、寡黙で少し怖い人なのかなと思っていました。

 

しかし、実際に会ってみるとずっと笑顔が絶えず、楽しそうに話す優しい人でしたね(笑)

 

Shoko
まさに写真と実物のギャップがあり過ぎて、別人かと思っちゃいました(笑)

 

②私が結婚相手に求めていたもの

Shoko
私が結婚相手に求めることは「結婚後の安心感を抱けるか、信頼を築けるかどうか」でした。

 

職業が医師・弁護士・商社マンなどのハイスペックであっても、年収が1000万円を超える高年収でも、容姿の素敵なイケメンでも、

  • 仕事ばかりで家に帰ってこない
  • 家事、育児は一切やらず、お金だけを持ってくるだけの存在(通称:ATM夫)
  • 自分の考えを口に出さず、コミュニケーションが取れない
  • お金の管理が自分で出来ない

このような男性には「安心感」を抱けないし、「信頼」は築いていけないなと思っていました。

 

夫と出会った時、「まじめ」「誠実」という印象を持ちました。

 

さらに結婚後の生活についてもきちんと考えていたので、今後のお付き合いで信頼関係を築いていけるんじゃないかと期待していました。

③夫を結婚相手に選んだ決め手は?

Shoko
最終的に私が夫を選んだ決め手は「連絡がマメなこと」でした。

 


夫を選んだ理由に「優しさ」「まじめさ」「誠実」という要素ももちろんありました。

 

しかし、私は「安心感・信頼」は行動に出てくると考えていました。

 

その中でも「連絡のスピード(返信の速さ)」を重視していたんですよね。

 

Shoko
気の利いた言葉や絵文字よりも、「速さ」が大事!

 

「連絡の速さ」に対する考え方は人それぞれ価値観が違います。

 

しかし、私個人の考えとしては

「返信を早くする人」

=「返信を待つ人のことを考えて行動できる」

=「相手を気遣える人」

=「信頼できる人」

だと結婚した今でも思っています。

 

だから相手がどんなに高収入な人でも、どんなイケメンでも、「仕事が忙しい」「文章を書くのが苦手」などの理由を付けて返信が遅い人は「ナシ」でしたね。

 

ちなみに、夫との結婚を決めたエピソードは、「この瞬間」というのはありません。

 

日々の連絡のやり取りの中で、「この人となら一緒にやっていけるな」とだんだん思うようになったからです。

 

だから、夫からプロポーズされた時、そのまま「YES」と答えたんですよね。

 

「会っている時に安心感を与えるのは当たり前。会っていない時にこそ安心感を与えてくれる人が結婚相手に相応しい」

 

これが私の結婚の決め手です。

2.私(ごうちゃん)が今の妻である「Shoko」を選んだ決め手とは?

結婚の決め手 夫婦 理由 コツ 秘訣

①出会った時の第一印象

ごうちゃん
「よく笑う」というのが妻の第一印象でした。

 

婚活やお見合いで出会った他の女性にも笑顔が絶えない方が多かったのですが、いずれも「愛想笑い」「不自然な笑顔」だったので、何となく居心地の悪さを感じていました。

 

しかし、妻の場合は本当にその場を楽しんでいるような「自然の笑顔」だったのがとても印象的でした。

 

②相手に求めていたもの

ごうちゃん
僕が結婚相手に求めていたのは「居心地の良さ」でした。

 

とにかく一緒にいて「素でいられる」「疲れない」これが自分にとって重要でした。

 

日々仕事で疲れて帰って来た時、家で楽に過ごせず、気まずい雰囲気を味わうのは辛いですからね。

 

ごうちゃん
妻は初対面のお見合いの時から「居心地の良さ」がハンパなかったですね

 

僕は人見知りな性格なので、特に初対面の女性と会うときは毎回とても緊張していました。

 

特に婚活は将来の結婚相手を決めるので、緊張感がヤバかったです(笑)

 

しかし、Shokoは「楽しそうな笑顔」「和やかな雰囲気」「細やかな気遣い」でその緊張を消し去ってくれました。

 

その結果、通常お見合いは1時間程度で終了するのですが、Shokoとのお見合いは3時間以上過ごしていましたね。

 

Shoko
お見合いを成功に導くためには”コツ”があります♪ぜひこちらも参考にしてみてくださいね♪

 

③妻を結婚相手に選んだ決め手は?

ごうちゃん
僕が妻shokoに「居心地の良さ」を最も感じた点は「会話」でした。

 

僕は会話が途切れて沈黙になることにストレスを感じる性格なので、婚活でお見合いやデートの時に「会話を”おまかせ”する女性」をとても苦手に感じていました。

 

それまでに婚活で出会った女性は、会話を”おまかせ”にする方が多く、こちらから話題を積極的に振ったり、会話を盛り上げなければならないので、正直「疲れた」「居心地が悪い」と感じていました。

 

お見合いやデートは「相手に楽しませてもらうもの」ではなく、「2人で盛り上げて楽しむもの」だと思うんですよね。

 

Shokoは、初対面の時からどんどん話題や僕に対する質問を投げかけてくれて、会話が途切れることは全くありませんでした。

 

ごうちゃん
お見合いが終わってから「疲れた」ではなく、「楽しかった」と感じたのは彼女が初めてでしたね。

 

結婚の決め手となったエピソードは、丸一日のデートをしたときです。

 

1日中過ごすとなると、食事やお茶だけのデートとは違って、やはり話題が尽きてしまい居心地が悪くなるのかなと思っていました。

 

しかし実際は、話題が無くなって気まずくなるどころか、どんどん会話が盛り上がり、沈黙の時でも気を遣わず楽にいられる雰囲気だったので「この人だな」と思いました。

 

そして翌週の次のデートで※真剣交際(プロポーズ一歩手前の交際)を申し込んでいましたね。

 

当時、妻は何人かの男性と※仮交際をしていましたので、早く真剣交際を申し込まないと他の男性に取られてしまうと焦っていました。

 

ごうちゃん
妻から「OK」をもらえた時はすごく安心したのを覚えてます(笑)

 

 

それからが本当に早かったですね。

 

真剣交際をほぼすっ飛ばして、プロポーズをして、気付いたら結婚相談所を成婚退会していました(笑)

真剣交際・仮交際とは?

結婚相談所の交際は基本的には以下の4段階に分かれています。

①お見合い:お互いが次に会ってもいいと「OK」を出したら仮交際に進む

②仮交際:お試し交際期間。複数の人と仮交際してOK。

③真剣交際:結婚前提のお付き合い。真剣交際の相手は1人だけ。

④プロポーズ・婚約

「真剣交際を申し込む」=「ほぼプロポーズ」と言っても過言ではありません。

 

3.まとめ

結婚式 夫婦 幸せそう 決め手 

私たちは結婚後の生活をイメージして「一緒に過ごせるか」「共に生活をすることができるか」で決めました。

Shoko
「恋人」というよりは「パートナー」「親友」って感じですね。

 

その結果、結婚後2年が経過しましたが、何でも話せて、気も遣わなくていい、とても楽な関係が築けています。

 

人によって結婚の決め手はそれぞれだと思うので、決め手に本当に迷ったときは「直感」で選ぶのもアリです。

 

なぜなら、結婚は「条件」とするものではなく、「相手」とするもので、理屈で判断できるものではないと思うからです。

 

自分が「居心地の良い相手」「素でいられる相手」と直感で判断することができたら、きっとあなたの結婚相手にふさわしのではないかと私たち夫婦は思っています。

 

私たちの経験があなたの婚活のお役に立てればと思います。

 

あなたの婚活を誰よりも応援しています。

 

Shoko&ごうちゃん

私たちは夫婦は結婚相談所に入会して結婚しました!

私たち夫婦も結婚相談所を利用して出会い、たった2カ月で結婚しました!成功の秘訣は「自分に合った結婚相談所」を見つけたこと

しかし、結婚相談所は大小合わせて全国で4000社以上存在し、その中から自分にとってベストな相談所を探すのは大変ですよね。

Shoko
こちらでは、私たち夫婦のおすすめする結婚相談所を目的別で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください♪

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事